山口県の宿・ホテルを予約しよう

山口県 ホテル・宿泊施設情報

年末年始宿泊早割

山口県で格安ホテルをお探しならオススメ!
約8万件の宿泊プランで約15,000軒の宿泊施設が予約できるサイトです。
特にレジャー目的においては国内最大規模のサイトとなり、広いターゲットに対して人気の国内旅行コンテンツです。

山口県は、本州の最も西側に位置する県で、三方を海に囲まれています。
九州への玄関口として、交通の要衝とされてきました。
沿岸部には景勝地が多く、日本海側の長門市にある青海島は、海上アルプスと呼ばれ、断崖絶壁や洞門、奇岩などが変化に富んだ景色をつくり出しています。
また、関門海峡にかかる関門橋、瀬戸内海の島にかかる大島大橋、日本海側の角島大橋などが、雄大な風景を演出する観光スポットとして有名です。
内陸部にも石灰岩で構成されたカルスト地形が不思議な地形となっている秋吉台や、日本最大規模の鍾乳洞である秋芳洞などがあります。
また、美肌の湯として知られる湯田温泉、湯治場として知られる俵山温泉などの温泉地も多く、大浴場のあるホテルや温泉旅館などもあります。
主要な商業都市である下関市は、名産であるふぐを用いた料理を味わえる宿泊施設やグルメスポットも見逃せません。
下関市沿岸部には、源平合戦決着の地である壇ノ浦古戦場跡があります。
防府市には、長州藩時代の統治者であった毛利氏の邸宅を利用した毛利氏庭園や毛利博物館があります。
萩市には、幕末の志士達を数多く輩出した松下村塾があり、吉田松陰歴史館などがあります。

山口県観光おすすめ情報

観光おすすめ情報

湯田温泉とその他の温泉
山陽路唯一の温泉郷として栄え、今もなお華やかな雰囲気に包まれている。
その昔、一匹の白狐が夜な夜な湯に浸かって傷を治したという「白狐伝説」が言い伝えられ、マスコットにもなっている。
市内には中原中也記念館があり、直筆の原稿や愛用品などが陳列されている。
透明の弱アルカリ性単純温泉。

長門湯本温泉
温泉街の中央に音信川が流れ、街全体が深い緑に包まれて、昔ながらの温泉情緒が漂う。
今も昔も湯治場として地元の人に愛されている。
5月下旬から6月中旬ごろまでは、源氏ボタルを観賞できる。
使用している泉源は4か所あり、泉質はアルカリ性単純温泉で、神経痛、皮膚病、胃腸病、リウマチなどに効能があるとされる。

萩温泉郷
従来、萩市内の温泉は「萩本陣温泉」「萩温泉弘法寺」「千春楽泉」など各施設の自家源泉から成る個別温泉だったが、新温泉「はぎ温泉」の開湯に伴い、萩市内エリアは各温泉をまとめ2005年に『萩温泉郷』として誕生した。
幕末浪漫、歴史感じる城下町近くにありながら温泉を堪能出来るのが魅力的!

角島大橋
7年間の着工を経て、総工費149億円をかけて2000年11月3日に開通した、山口県下関市と豊北町角島間の海士ヶ瀬戸に架かる角島大橋。
離島に架かる橋のうち、無料で渡れる一般道路として日本屈指の長さ(1,780m)を誇り(2005年に沖縄県の古宇利大橋が記録更新)、 また、橋脚の高さを押さえて、周囲の景観に配慮した構造が自然景観保護の観点から評価され、2003年に「土木学会デザイン賞2003」の優秀賞を受賞しました。
エメラルドグリーンの海をまたぎ、景観と調和した雄姿は、西長門海岸地域随一の景勝地として、山口県の新たな観光スポットに。
現在では数多くのテレビCMやロケ地として採用されています。

元乃隅稲成神社
白狐のお告げにより、昭和30年に島根県津和野町太鼓谷稲成から分霊された神社です。
龍宮の潮吹側から続く123基の赤い鳥居が印象的。
裏山道出口に建つ鳥居をよく見ると・・・賽銭箱が頭上に!賽銭が入れば願いが叶うと言われています。

秋芳洞
秋吉台の山麓にある東洋屈指の大鍾乳洞。
洞口の高さ24m、横巾8mに達し、洞内の最も広いところが200m、天井の高いところが40m、最も高いところは80mに達しています。
延長は約10kmといわれているが、一般観光ルートは約1kmまで。
洞内の気温は四季を通じて17℃のため、快適に探勝できます。

ページの先頭へ