鳥取県の宿・ホテルを予約しよう

鳥取県 ホテル・宿泊施設情報

年末年始宿泊早割

鳥取県で格安ホテルをお探しならオススメ!
約8万件の宿泊プランで約15,000軒の宿泊施設が予約できるサイトです。
特にレジャー目的においては国内最大規模のサイトとなり、広いターゲットに対して人気の国内旅行コンテンツです。

鳥取県は、日本海側に位置する県の一つです。
全国でも冬の降雪量が多いことで知られており、山側に沿って多くのスキー場があります。
このため、その周辺にはホテルが多く開業しています。
また温泉地でもあるため温泉の施設が併設されている宿泊施設もあります。
県内は、東部地区と中部地区、西部地区で区分されており、そのうち東部と西部では、文化圏が異なり方言も変わっています。
観光地としては、古事記や歴史的伝承の中でも取り上げられている伝説「因幡の白兎」の舞台になったとされる鳥取市の白兎海岸があり、対岸には沖ノ島が望めるスポットとなっています。
また、日本の中でも代表的な砂丘として知られる鳥取砂丘は山陰海岸国立公園の特別保護地区に指定を受け、観光資源としても整備されており、多くの観光客が訪れることで知られています。
砂丘では、ラクダや馬の乗馬体験ができるほか、レジャー施設も充実。
また、砂丘や白兎海岸に付随する白兎神社は、いずれも鳥取市内に所在しており、観光をする際の利便性が高く人気を博しています。

鳥取県観光おすすめ情報

観光おすすめ情報

皆生温泉
城下町米子の郊外、美保湾を臨む白砂青松の浜が美しい山陰の代表的な温泉。
明治期に地元漁師が海中に湧いている湯を発見し「泡の湯」と名付けたのが始まり。
大正期になって開発が進められ、昭和期に現在のような大温泉地に発展した。
泉温85度、毎分3800Lもの豊富な湯量を誇り、米子の奥座敷とも言われる。
日本のトライアスロンもこの地が発祥。

浜村温泉(鳥取いなば温泉郷)
豊富な湧出量を誇り、山陰地方の代表的な民謡「貝がら節」で有名。
美しい砂浜と海が広がる浜辺の温泉地でかの小泉八雲も「不思議な程、渚に近い」と自らの著書に記した程。
海岸では早朝に地引網が楽しめる場合もある。
宿も豊富な湯量を利用した風呂自慢の宿が揃っている。

吉岡温泉(鳥取いなば温泉郷)
約1000年前に発見された、因幡三湯の一つとして栄えた古湯。
江戸時代には鳥取藩主池田氏もたびたび湯治に訪れたという歴史を持つ。
温泉内には様々な印象を持つ10余の隠れ家的な宿があり、来た人を心から迎えてくれる。
新鮮な海の幸と、あったか家族料理に舌鼓を打ちながら、ゆっくりした時間をすごしてほしい温泉地。

三佛寺投入堂
役の行者が法力で岩屋に投げ入れたと言われるお堂でこの名前がついた。
断崖に建つ姿は荘厳。本尊が蔵王権現であることから「蔵王殿」と呼ばれていた。

鳥取砂丘 砂の美術館
鳥取砂丘の一角に誕生し、鳥取砂丘の砂と水だけを使用して制作された、砂の彫刻「砂像」を展示する世界で唯一の美術館です。
2006年から毎年テーマを変え、世界トップレベルの砂像彫刻家が繊細で迫力ある作品を創り出しています。
第7期展示となる2014年度は「砂で世界旅行・ロシア編」と題し平成26年4月19日より開館します。
砂の造形美が生む神秘的な世界をお楽しみ下さい。

植田正治写真美術館
建築家・高松 伸氏の設計。
のどかな田園風景の中に、コンクリートむき出しの外観が突如として現れる。
正面から見ると4つのブロックに分かれているが、これは植田正治の作品『少女四態』をイメージして作られたもの。
外観だけではなく、屋内も随所にこだわり、展示棟の間に張られた水面に映る「逆さ大山」は多くの来館者の目を喜ばせている。

ページの先頭へ