岡山県の宿・ホテルを予約しよう

岡山県 ホテル・宿泊施設情報

年末年始宿泊早割

岡山県で格安ホテルをお探しならオススメ!
約8万件の宿泊プランで約15,000軒の宿泊施設が予約できるサイトです。
特にレジャー目的においては国内最大規模のサイトとなり、広いターゲットに対して人気の国内旅行コンテンツです。

岡山県は、中国地方の南東部に位置し、中国地方・四国地方の交通の要衝として機能している県です。
県北部は日本海側気候の豪雪地帯、県南部は降水量の少ない瀬戸内海式気候であり、県庁所在地の岡山市は降水量が少ないことから「晴れの国岡山」をキャッチフレーズとしています。
第二次大戦以前は第二次産業としては製糸・紡績業が盛んでしたが、戦後は大幅な重工業化が行われ、製鉄所や自動車工場が発展しました。
現在では複数の縫製工場や大規模なコンビナートが県の産業を支えています。
また、岡山県は日本を代表するおとぎ話である「桃太郎」ゆかりの地として知られ、吉備団子を名産品として打ち出している他、中心駅である岡山駅に桃太郎像を設置しています。
主な観光地のひとつである倉敷市は、街全体が観光に適するよう整備されており、大原美術館や倉敷考古館などの文化的な施設を有し、歴史情緒のある街並みを残す土地として観光客を迎え入れています。
新幹線や複数の路線が乗り入れる岡山駅周辺を中心にホテルや旅館があり、ビジネスや観光を目的とした人々の受け入れ先として活用されています。

岡山県観光おすすめ情報

観光おすすめ情報

湯原温泉郷(美作三湯)
山陽と山陰を結ぶ宿場町として栄え、今もその面影を色濃く残している湯原温泉は湯量が多く、良質で肌ざわりもなめらか。
四季折々の風情が楽しめるこの温泉には湯治客の姿が絶える事はない。
入浴無料で24時間入浴できる「砂湯」は旭川の川床から湧き出る名勝の露天風呂。
この露天風呂は全国露天風呂番付の西の横綱と評されている。

湯郷温泉(美作三湯)
約1200年前に白鷺が傷を癒している所を円仁法師が見つけたとされる別名「鷺の湯」とも言われる古湯で、美作三湯の中でもっとも京阪神地区に近く、観光客の足が絶えることはない。
泉質はナトリウム、カルシウム塩化物泉で消化器病や神経痛などに効能を発揮するほか、美肌造りの湯としても知られており女性に人気の温泉地だ。

岡山県南部の温泉
観光の拠点、岡山市・倉敷市を中心とした温泉地です。
海にも山にも近く、家族・カップルでの行楽に最適です。
主な温泉地としては平野部には湯迫温泉、苫田温泉が、瀬戸内海を望む立地では、たまの温泉、鷲羽温泉、鷲羽吹上温泉が、山間には由加温泉があります。

岡山後楽園
水戸の偕楽園、金沢の兼六園と合わせて日本三名園に数えられる回遊式庭園で、国指定特別名勝となっている。
岡山藩主・池田綱政が、家臣の津田永忠を工事監督として築造させたもので、元禄年間(1686年~1700年)にほぼ完成したが、その後何度も模様換えや区域の拡張が行われるなどして、現在の規模までになっている。
明治4年(1871年)に後楽園と改称して一般公開し、同17年(1884年)に県営に移管した。
延養亭から東面して望む沢の池と唯心山や、それらを取りまく広々とした芝生などが描きだす平明な景観が眺めの中心ともいえ、遠景に瓶井山の多宝塔を点として、操山のなだらかな山容が借景となっている。

吉備津神社
豪壮かつ優美な比翼入母屋造りの国宝。
数多くの吉備津彦命伝承が残り鳴釜の神事は上田秋成の「雨月物語」でも著名。
総延長約400mの長大な回廊も奇観である。

倉敷美観地区
風にそよぐ柳並木や、白壁となまこ壁が美しいコントラストを見せて倉敷川に影をおとし、伝統的な日本建築の美しさをよく残しているこの一帯は、江戸時代には米の積出地として栄えたところで、町並みから往時をしのぶことができる。
世界的名画を集めた大原美術館をはじめ、民藝館、考古館など、文化的施設も多数ある。

ページの先頭へ