大分県の宿・ホテルを予約しよう

大分県 ホテル・宿泊施設情報

年末年始宿泊早割

大分県で格安ホテルをお探しならオススメ!
約8万件の宿泊プランで約15,000軒の宿泊施設が予約できるサイトです。
特にレジャー目的においては国内最大規模のサイトとなり、広いターゲットに対して人気の国内旅行コンテンツです。

大分県は、九州東部に位置する県です。
鎌倉時代から室町時代に大友氏が守護となっていた豊後国に当たる土地であるため、大友宗麟像が大分駅前に置かれています。
大分県は温泉の源泉数が日本で一番多い県であり、観光産業、食文化や医療、美容などの幅広いカテゴリーにおいて利用されています。
県庁所在地である大分市には、石油化学工業や製鉄業を中心とする複合的工業地帯の大分臨海工業地帯があります。
この工業地帯は太平洋ベルトに属しており、県内の第二次産業を担っています。
また、温泉からの恩恵として、地熱発電所が複数建設され、県の自然エネルギー自給率を高めることに貢献しています。
観光の目玉となっている温泉のなかでも、とくに別府湾に面している別府温泉や、県の中央部の由布院温泉は知名度が高く、大分県の重要な観光資源です。
温泉地周辺には温泉施設の充実したホテルや旅館が建ち並び、別府温泉の周りには温泉付きのマンションも建設されています。
その他の観光地としては、八幡宮の総本山である宇佐神宮や、黒田孝高が建設した中津城などがあります。

大分県観光おすすめ情報

観光おすすめ情報

湯布院
豊後富士と呼ばれる美しい由布岳の山麓に広がり、全国2位の湯量を誇る人気温泉地。
秋から冬にかけて朝霧に包まれる風景は幻想的である。
個性的な美術館、お洒落なショップやレストランが散在し、女性の憧れの地である。
四季折々の自然の風景が旅の心を和ませる。

別府温泉郷
豊富な湧出量を誇る日本有数の温泉地。
別府温泉をはじめ、浜脇、観海寺、堀田、明礬、鉄輪、柴石、亀川の8つの温泉地からなる「別府八湯」は、それぞれ泉質が異なりいろんな温泉を楽しむことができる。
近郊には阿蘇くじゅう国立公園が広がりミヤマキリシマの名所鶴見岳や志高湖など自然の見どころも多い。

長湯温泉
国内では数少ない炭酸泉で知られ、芹川沿いに湧く温泉。湧出量と二酸化炭素の含有量、温度から、日本一の炭酸泉と称される。
ドイツの温泉療養都市と友好を結び、飲泉中心のヨーロッパの温泉地のように、飲泉場がいくつも設けてある。
歴史は古く、与謝野晶子や作家の田山花袋も訪れたという。

原尻の滝
平野の真ん中に突如現れる幅120m、高さ20mの滝。
滝の起源は熊本県にある阿蘇山が約9万年前の大噴火で発生した火砕流と大きく関係する。
九州全土を覆い包む程大量に発生した阿蘇の火砕流は、この地に何十mもの厚さで積もり、徐々に冷え固まり石となる時、縦方向の割れ目(柱状節理と呼ぶ)が同時にできた。
あたかも柱を束ねたような状態で立っている大地に、川の水が流れ込み次々に柱を押し倒し、この滝が創られた。

九州自然動物公園アフリカンサファリ
広大な草原に広がる日本最大級のサファリパーク園内には、70種、約1400頭羽の野生動物が生息しています。
ジャングルバス(有料)にて野生動物に直接餌付けもできる。

やまなみハイウェイ
大分県由布市水分峠と阿蘇市一の宮町を結ぶ区間(県道)の通称。
由布岳や九重連山が間近に迫り、九州で一番有名なドライブコースである。

ページの先頭へ