長野県の宿・ホテルを予約しよう

長野県 ホテル・宿泊施設情報

年末年始宿泊早割

長野県で格安ホテルをお探しならオススメ!
約8万件の宿泊プランで約15,000軒の宿泊施設が予約できるサイトです。
特にレジャー目的においては国内最大規模のサイトとなり、広いターゲットに対して人気の国内旅行コンテンツです。

長野県は、古くは信州とも呼ばれた、本州の内陸部にある県です。
厚生労働省が2013年に実施した都道府県別平均寿命で1位を獲得しています。
山岳地帯を有し、雄大な自然が見られる県であり、南アルプス国立公園や中部山岳国立公園などの国立公園があります。
県の形は南北に長く伸びており、土地の形状や各地域の標高に差があることから、エリアによって気候に差が生じます。
特に、軽井沢は亜寒帯湿潤気候であるため、夏は避暑を目的とした観光客で賑わう場所となっています。
長野県の主な観光地としては、松本城をはじめとした歴史的建造物や旧城下町としての面影を有する松本市、四季折々の風景を見せる駒ヶ根市の千畳敷カール、重要文化財の仁王像があることで知られ国宝にも指定されている善光寺などが挙げられます。
文化的な街並みと、自然が混在する県としての側面が特徴です。
こうしたスポットに訪れる人々も利用できるように各地に宿泊施設が点在しており、中には温泉に入ることのできるホテルや旅館、山岳地の中で天体観測を体験できる旅館などがあります。

長野県観光おすすめ情報

観光おすすめ情報

昼神温泉
名古屋から車を走らせること90分。
園原ICを降りてわずか10分のところにある南信州を代表する一大温泉地。
周囲は山に囲まれ、天竜川支流の阿智川の渓流沿いに大小25の宿が湯煙を上げる。
アルカリ性単純硫黄泉のこのお湯は「美人の湯」としても知られ、つるつるの肌触り。
リウマチや糖尿病にも効果があると言われている。

白骨温泉
鎌倉時代に湧出したという、数百年の歴史を持つ名湯。
山間にひっそりと佇む秘湯は古くから文人墨客に愛されてきた。
「白骨」の呼び名も中里介山の小説「大菩薩峠」に登場したのが発端。
単純硫化水素の湯は湯口では透明に近く空気に触れると白濁になる。
その効能は「三日入れば風邪をひかない」といわれる程。

戸倉上山田温泉
昔々、行方知れずになった許婚を探す娘が、観音様のお告げに従い河原の赤い石を百個拾い集め、百個目の石の下から湯が沸き出で(小石の湯)許婚も帰ってきたという伝説の里。
牛に引かれて善光寺参りの精進落しの湯として名高い信州最大の温泉街。
開湯百年のロングランイベント開催中。

善光寺
本堂は仏堂の前面に長大な礼堂を配した撞木造と呼ばれる独特の構造を持ち、東日本最大の規模を誇る江戸中期仏教建築の傑作である。

御射鹿池
大自然が静かに、けれど雄々しく息づく場所です。
神秘的に包まれた湖に鮮やかな緑を映しています。

雷滝
「雷滝」松川渓谷にある落差約30mの大滝。
別名、裏見の滝とも呼ばれ、滝の裏側から流れ落ちる姿を見ることができます。
雷鳴のように轟音を立てて落下する姿は息を呑む豪快さです。
夏は青々とした緑を背景に、秋は美しい紅葉に包まれて・・・どこを切り取っても絵になる表情を見せてくれます。

ページの先頭へ