岩手県の宿・ホテルを予約しよう

岩手県 ホテル・宿泊施設情報

年末年始宿泊早割

岩手県で格安ホテルをお探しならオススメ!
約8万件の宿泊プランで約15,000軒の宿泊施設が予約できるサイトです。
特にレジャー目的においては国内最大規模のサイトとなり、広いターゲットに対して人気の国内旅行コンテンツです。

岩手県は、東北地方の県で県庁所在地は盛岡市です。
2014年現在、本州の中では一番面積の広い県としても知られています。
リアス式海岸となっている三陸海岸の周辺が盛んな地域であり、海藻類やアワビの養殖において全国でも屈指の生産高を誇っています。
主要都市は、県庁所在地である盛岡市であり、県のターミナル駅として機能する盛岡駅の周辺には、ビジネスホテルや観光客向けの宿泊施設が充実しています。
観光地としては、平安時代末期からこの地で栄華を誇った奥州藤原氏の史跡が残る平泉が2011年にユネスコの世界遺産に登録されたことで、観光地としても整備が進んでいます。
平泉地区は、数々の寺社仏閣があることで知られていますが、中でも松尾芭蕉の奥の細道でも取り上げられた中尊寺の金色堂には毎年多くの観光客が訪れます。
また、周辺地域には温泉地である花巻があり、観光客向けのホテルや旅館が数多く営業しています。
その他にも、沿岸の地域では、リアス式海岸を間近に見ながら地元特産のウニをはじめとした海の幸を堪能できる料亭などの飲食店があります。

岩手県観光おすすめ情報

観光おすすめ情報

花巻温泉郷
台温泉と花巻南温泉郷からなる花巻温泉郷は、松や桜の並木に囲まれた旅館街は明るい雰囲気で、春には一層華やかさが増す、宮沢賢治や高村光太郎などが愛した温泉地。
周辺には、宮沢賢治ゆかりの記念館や、彼が設計した日時計花壇のあるバラ園など観光も楽しめる。

八幡平温泉郷
十和田八幡平国立公園に指定される八幡平は、岩手・秋田の県境に標高1400~1600Mの山並みが広がる。
新緑~紅葉の景色、冬はスキーと通年通して楽しめるリゾート地。
岩手側麓の東八幡平エリアには、多数のホテルや旅館、ペンションなどがあり、各宿に地下から湧き出す硫黄泉(マグマの湯)が引かれている。

繋温泉
盛岡市の西部にある人造湖「御所湖」に面する温泉街。
盛岡市内からは車でおよそ20分と近く、「盛岡の奥座敷」と言われて親しまれている。
県内最高峰の岩手山と奥羽山脈を仰ぐ湖畔の景色は、新緑から紅葉、雪景色や白鳥と四季折々に美しい表情を見せる。

中尊寺金色堂
世界文化遺産、国宝第1号。
方三間の阿弥陀堂で内外を黒漆で塗り、その上に金箔で押したため、金色堂とよばれている。
内部の長押、柱、須弥壇には金蒔絵、極彩色が施され、要所は宝相華文を透し彫りにした金具で装飾されている。

龍泉洞
日本三大鍾乳洞の一つで、洞内に住むコウモリとともに国の天然記念物指定を受けている。
奥から湧き出る清水が数カ所に渡って深い地底湖を形成しており、第三地底湖は水深98m。
なお、未公開の第四地底湖は水深120m(日本一)。
水の透明度は世界有数。
平成23年4月に洞内照明を全面LED化してリニューアルオープン。

厳美渓
岩手県の磐井川沿いにある渓谷。
磐井川が巨岩を浸食し、2kmにわたり渓谷美を見せる。
渓流をはわんだ対岸のお茶屋からだんごとお茶を買う「空飛ぶだんご」が名物。
吊り橋から眺める蒸留の荒々しい流れと下流のゆったりした淵が対象的。
甌穴が見せる渓流美が美しい。
名勝天然記念物指定。
紅葉の見頃は10月中旬~11月中旬。

ページの先頭へ