北海道の宿・ホテルを予約しよう

北海道 ホテル・宿泊施設情報

年末年始宿泊早割

北海道で格安ホテルをお探しならオススメ!
約8万件の宿泊プランで約15,000軒の宿泊施設が予約できるサイトです。
特にレジャー目的においては国内最大規模のサイトとなり、広いターゲットに対して人気の国内旅行コンテンツです。

北海道は、日本の最北に位置するエリアで、1つの島となっています。
本格的な開拓が行われる以前は蝦夷と呼称され、江戸時代には同地の南端に開かれた松前藩により行われていた、北海道の原住民であるアイヌ族との交易でその名を知られるようになりました。
明治に入り近代化が進められる中で、開拓府や北海道を三分割した3県制での行政の方法が試されてきましたが、1886年に北海道庁が置かれると鉄道を始めとしたインフラの整備が進み、現在につながる発展の礎が築かれました。
また、現在では、涼しい気候を利用した避暑地として整備された地域もあり、夏には多くの観光客が訪れます。
このような歴史がある北海道には、道庁所在地である札幌をはじめとして、高台の土地の各所に観光スポットや名勝地があります。
東部の知床半島周辺を指定地域として2005年に世界遺産認定がされた知床や、開拓時代の建造物が残っていることで知られる小樽などが挙げられます。
このような観光名所が多くあるエリアを中心に、ホテル・旅館が複数あります。
特に、小樽や函館には明治開拓時代から開かれている老舗旅館が多数あります。

北海道 地域検索

北海道観光おすすめ情報

観光おすすめ情報

登別温泉
安政5年に開湯したといわれる登別温泉は、札幌や函館からの足回りもよく、知名度・内容ともに北海道でダントツと言える。
北海道一泉質が豊富な温泉で、独特の匂いの硫黄泉と硫化水素泉は皮膚の軟化と漂白作用が期待できるというから美白に最適。
鉄泉・緑ばん泉は疲労回復効果が絶大とか。

定山渓温泉
札幌市から南西に約30km、国道230号を1時間ほど走ると、近代的ホテルや風情ある旅館が渓谷の中にあらわれる。
温泉名は慶応2(1866)年、修行僧の美山定山が源泉を発見した事が由来。
札幌の奥座敷として人気が高く、札幌から日帰りで温泉を楽しむ人も多い。
泉質はナトリウム塩化物泉、効能は神経痛、胃腸病など。

洞爺湖周辺の温泉
有珠山噴火の影響も薄れ、新しいリゾート温泉地として生まれ変わった洞爺湖温泉。
比較的温暖な気候で、雪も少なく冬でも快適に過ごせるのが魅力だ。
壮瞥温泉は洞爺湖の南岸に位置し、背後には有珠山、昭和新山を控えとても眺めがよい。
隣接する洞爺湖温泉とは趣を異にした自然環境に恵まれた温泉郷だ。

青い池
美瑛の白金温泉から車で約5分のところにある『青い池』。
テレビや本で話題になり、観光客が増えている。
神秘的で写真スポットにおすすめ。
白金温泉に向かう『白金街道』沿いに看板がある。冬期間閉鎖。

能取湖のサンゴ草群落
能取湖は、オホーツク海とつながる面積58万平方mの大きな塩水湖。
湖畔は原生花の宝庫そのものだが、南岸・卯原内に3万8000平方mのサンゴソウ大群落が広がる。
正式にはアッケシソウと呼ばれるこの植物は、葉の生えない珍しい草。
卯原内だけでなく、湖畔のあちこちに点在し、9月になると全体が深紅の色を帯び、まっ青な湖水との見事なコントラストをつくりあげる。

青の洞窟 小樽クルージング
幻想的で美しいブルーの世界が広がる「青の洞窟」に皆さんをお連れします。
洞窟内に入り込んでくる太陽光が海面に反射し、洞窟内が青く輝く感動的な景色を楽しむことができます。
青く光り輝く、青の洞窟では、ボートで洞窟内を通り抜けます。
青の洞窟以外にも小樽水族館や、オモタイ遊園地跡、火山がつくった絶景の国定公園の景色を海から眺めることが出来ます。
北海道の大自然のなか、時間と日常を忘れさせてくれる、北海道でイチオシの癒しスポットにモーターボートでご覧になってはいかがでしょうか。

ページの先頭へ