岐阜県の宿・ホテルを予約しよう

岐阜県 ホテル・宿泊施設情報

年末年始宿泊早割

岐阜県で格安ホテルをお探しならオススメ!
約8万件の宿泊プランで約15,000軒の宿泊施設が予約できるサイトです。
特にレジャー目的においては国内最大規模のサイトとなり、広いターゲットに対して人気の国内旅行コンテンツです。

中部地方の内陸部に位置する岐阜県は、北部に飛騨山脈を有しており、山岳地帯が多いのが特徴です。
南部には日本の名水百選に選ばれた清流があり、木曽川をはじめとして、複数の美しい川が流れています。
標高差が激しいということもあり、気候は各地域によって異なり、一部では豪雪地帯とされるところもあります。
県の南西部は暖かい気候となっているため稲作が盛んに行われており、中部から北東では涼しい気候のため、トマトやほうれんそうといった野菜の栽培が盛んです。
自然が多くあふれる岐阜県では、その地形を生かした観光産業が積極的に行われています。
新穂高ロープウェイから眺める景観や、チューリップやラベンダーといった花が一面に咲き誇るひるがの高原牧歌の里など、自然を満喫できるスポットが充実しています。
また、県内でも有名な観光地として挙げられるのが下呂温泉です。
「日本三名泉」とも言われており、多くの観光客が訪れます。
県内には和のテイストを打ち出したホテルや旅館が多くあり、古き良き日本の風情を感じさせてくれる宿泊施設もあります。
また、温泉を売りにした宿泊施設も多くあり、観光客の疲れを癒します。

岐阜県観光おすすめ情報

観光おすすめ情報

下呂温泉
歴史は古く、江戸時代より湯治場として栄えてきた下呂温泉は草津、有馬と並ぶ日本三名泉のひとつ。
泉質はアルカリ性単純泉。
肌になめらかな独特の感じがある下呂の湯を楽しみに、年間多くの人が訪れている。
白川郷より移築した合掌造りが点在する「下呂温泉合掌村」。
春~秋には、「いでゆ朝市」も開催されている。

奥飛騨温泉郷(新穂高温泉)
奥飛騨温泉郷の最奥に位置し、北アルプス登山への玄関口としても有名。
蒲田川沿いに宿が並び、川沿いで野趣溢れる造りや、北アルプスの眺め自慢・・・など、開放的な景色が楽しめる露天風呂を持つ宿が多い。
「日本のスイス」と呼ばれる中尾高原には、民宿、旅館のほか、リゾートの雰囲気溢れるペンションもある。

奥飛騨温泉郷(平湯温泉)
奥飛騨の中で、一番歴史の古い温泉。
武田信玄の家臣が攻め入った際に、疲れ果てた兵の前に一匹の白猿が現れ、温泉を教えてくれたという『白猿伝説』がある。
奥飛騨随一の豊富な湯量。しかも40もの源泉が!!湯温も高く、最高90度にもなる。
泉質は、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、炭酸水素塩泉などさまざま。

モネの池 岐阜県
まるで絵画の『モネの池』のようにきれいな水の池です。
ネットやテレビでは口コミで結構有名なスポットです。
岐阜県の山の中の神社の前にあります。

千代保稲荷神社
伊勢から移住した森家の屋敷神と伝えられ、商売繁盛・家内安全の神様で、毎年遠くから多くの参拝者がある。

世界遺産白川郷合掌造り集落
合掌造りの建物が最も多く残る地域で、大小あわせて現在100棟余りある。
合掌集落の規模としては全国で最大で、国の伝統的建造物群保存地区に選定されている。
平成7年12月世界遺産に登録され、本年20周年を迎えます。
今も実生活の場として使われているところに価値があり、それが他地域の合掌民家集落と違うところである。
白山山麓の自然を背景とした集落の景観は、俗界と切り離された仙境のよう。

ページの先頭へ