福島県の宿・ホテルを予約しよう

福島県 ホテル・宿泊施設情報

年末年始宿泊早割

福島県で格安ホテルをお探しならオススメ!
約8万件の宿泊プランで約15,000軒の宿泊施設が予約できるサイトです。
特にレジャー目的においては国内最大規模のサイトとなり、広いターゲットに対して人気の国内旅行コンテンツです。

福島県は、東北地方南部に位置しています。
東北地方の玄関口と言われ、白河市にある白河の関は交通の要所として、歴史的に重要な場所とされています。
県内は大きく3つの地域に分けられ、東部は浜通り、中部は中通り、西部は会津と呼ばれています。
それぞれが山地で隔てられているために、各地域で独自の風習、文化が発達してきました。
浜通りは太平洋に面し、漁業や農業が盛んです。
中通りは県庁所在地である福島市があり、人口が最も多い地域です。
会津は江戸時代、会津藩を統治した松平氏の居城、会津若松城を中心とした名所・旧跡など、古くからの歴史的建造物がある地域です。
福島県には、豊かな自然と歴史のある風景が見られる観光スポットが多くあります。
特に、中通りと会津の間にある磐梯山は日本百名山に数えられるシンボル的存在です。
北側と南側では地形、地質が全く違うなど、さまざまな表情を持っています。
福島県の中心にある日本第4位の湖、猪苗代湖と合わせた風景は、まさに絶景と言えます。
また、磐梯山は火山のため周辺に温泉があり、ホテルや旅館が多くあります。

福島県観光おすすめ情報

観光おすすめ情報

会津東山温泉
会津若松の東に位置する山あいのいで湯。
山々に囲まれた東山周辺は見所も多く、滝や奇岩の点在する「湯川渓谷」や「東山ダム」等、宿からちょっと足をのばせば雄大な自然がある。
きらびやかなネオン街もなく、城下町の奥座敷にふさわしい、しっとりとした佇まいを残している。

岳温泉
安達太良山を背に中腹に昔から栄えた岳温泉。
こじんまりとしているものの、散策や湯巡りがしやすい。
温泉街の中心は300mの坂がある。
お湯は安達太良山の中腹に湧く酸性泉。
近くには城下町・霞ヶ城がある。
智恵子抄で有名な智恵子の生家もあり、観光名所がいっぱい。

飯坂温泉
はるか2000年前、日本武尊が東征の折に、また元禄2年(1689年)、松尾芭蕉が奥の細道の途中に立ち寄り、その湯に浸かったと伝えられる歴史ある名湯。
また9つの共同浴場(鯖湖湯、波来湯、切湯、仙気の湯、導専の湯、大門の湯、八幡湯、十綱湯、天王寺・穴原湯)があり気軽に外湯めぐりが楽しめる。

大内宿
昭和56年4月、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、全国的に脚光を浴びた。
特徴としては、寄棟造りの建物が道路と直角に整然と並べられていることである。
以前は、会津若松と日光・今市を結ぶ南山通り(会津西街道)の宿駅のひとつとして栄えた宿場町。

塔のへつり
100万年もの間にまるで塔のように削られた奇岩の連なる“塔のへつり”は、紅葉の名所にもなっている。
10月中旬には白い岩肌にはえる紅葉が大川の流れをも染め、深々とえぐられた岩のアーチを巡って紅葉狩りが楽しめる。

磐梯吾妻スカイライン
福島の高湯温泉と土湯峠を結ぶ全長29km、平均標高1350mの道中。
紅色や黄金色に紅葉が楽しめる。
荒涼とした岩肌が心に迫る一切経山や濃い緑の樹林に囲まれた噴火口跡の桶沼、寂しげな雰囲気漂う浄土平の緑の湿原等、迫力ある景色も広がっている。
レストハウス、天文台、ビジターセンター等がある。

ページの先頭へ