青森県の宿・ホテルを予約しよう

青森県 ホテル・宿泊施設情報

年末年始宿泊早割

青森県で格安ホテルをお探しならオススメ!
約8万件の宿泊プランで約15,000軒の宿泊施設が予約できるサイトです。
特にレジャー目的においては国内最大規模のサイトとなり、広いターゲットに対して人気の国内旅行コンテンツです。

青森県は、本州最北端に位置している県です。
世界遺産である白神山地を有し、様々な自然の名勝地があります。
また、農業が盛んな地域であり、農林水産省が2006年に実施した都道府県別食糧自給率の調査では118%をマークしています。
また、八戸市に所在する八戸漁港を拠点として漁業も盛んな地域です。
主要都市は、県庁所在地である青森市と八戸市と弘前市の3市で、県中央部を縦断する奥羽山脈を境に東西で歴史や文化に差異があります。
青森県には史跡も多くあり、縄文時代のものでは最大級の規模である、三内丸山遺跡をはじめとした数々の遺跡が観光地として知られています。
また、白神山地以外にも十和田湖や仏ヶ浦などの名勝地があります。
日本を代表する文豪、太宰治の生家を記念館としている「斜陽館」は、資料だけでなく近代和風住宅の貴重な史料であり、観光資源となっています。
さらに、毎年夏に行われる青森ねぶたの時期には、多くの観光客が青森に訪れます。
そして、これらに付随する形で各地に宿泊施設があり、温泉のあるホテルや、創業80年以上の旅館などを見つけることができます。

青森県観光おすすめ情報

観光おすすめ情報

浅虫温泉
青森の奥座敷とも呼ばれる「浅虫温泉」。
ヨットハーバーや海釣り公園では海水浴・サーフィン・ヨット・釣り等のマリンスポーツが楽しめる。
日本森林浴100選にも選ばれた遊歩道が浅虫水族館裏手にあり、バードウォッチング・ハイキング・観湾台からの眺望が素敵で手頃な散策コースも有。
湯治や獲れたて海の珍味も堪能。

十和田湖の温泉
東北を代表する有名観光地である十和田湖周辺には、歴史のある十和田湖温泉郷に加え、休屋地区にも十和田湖畔温泉がある。
秋の紅葉はもちろんのこと、春の新緑、夏の涼感あふれる湖面、時が止まったかのような冬の静けさなど、四季折々の違った景色を見ることができる。
遊覧船やレジャーボート、乗馬なども楽しめる。

大鰐温泉
湯治・療養の場として親しまれ、八百年の歴史を持つ大鰐温泉。
平川の清流の傍らに、古びた銭湯や風情がある旅荘が立ち並ぶ。
あじゃら山麓では、テニスコート・プール・キャンプ・ゴルフ場などスポーツ施設が充実。
また、初級から超上級者が楽しめる「大鰐温泉スキー場」が至近。

恐山
比叡山、高野山とともに日本三大霊場に数えられる恐山は貞観4年(862年)に慈覚大師によって開山され、天台宗の修験道場として栄えた。
風車がカラカラと回り、荒々しい岩場の合間から硫黄の臭いが立ちこめる様子は、地獄や浄土に見立てられている。
田名部海辺三十三観音の最終札所として、シーズンを通して参拝者が訪れる。
夏の恐山大祭は多くの参詣者でにぎわう。

奥入瀬渓流
十和田八幡平国立公園の中にあり、十和田湖から流出する唯一の河川で、十和田湖の子ノロから焼山までの約14kmの流れが、奥入瀬渓流とされ、千変万化の渓流美を構成し、四季を通しての景勝地である。
渓流には遊歩道が整備されており、渓流沿いにはいくつもの滝が点在する。
十和田湖観光には欠かせない散策ポイント。
渓流沿いの遊歩道では4時間半くらいのトレッキングが楽しめる。
豊かな樹木や大小の滝、巨大な岩や切り立った崖などが景観に彩りを加える。
新緑や紅葉の時期は、特に美しい景観をみせる。
1928年に天然記念物に指定されている。

鶴の舞橋
青森県産の「ひば」使用。
長さ300mで木造の三連太鼓橋としては日本一の長さの木橋。

ページの先頭へ